2016年5月5日木曜日

TRADOS から Microsoft 用語検索を直接利用する

Windows Server の UI 用語が多数登場する原稿が来ました。こういう時に便利なのが、Microsoft ランゲージ ポータル です。このページの「用語検索」で、Microsoft 製品の UI 用語の訳語を確認できます。

そして、Weblookup! を利用すると、さらに作業が簡単になります。Weblookup! については、以前の記事 「TRADOS Studio 2011 から 2015 へアップグレード、Web Lookup! をインストール」でご紹介しましたが、TRADOS Studio 2014 および 2015 で使えるプラグインです。Microsoft ランゲージ ポータルに限らず、Google 検索をはじめ、TRADOS から直接、多数のサイトで用語検索ができます。

TRADOS で用語をネット検索したいとき、通常は、調べたい用語をコピーして、ブラウザの検索ボックスにペーストして検索しますよね。Weblookup! を使うと、このコピペの手間が省けます。

たとえば、TRADOS で作業中に Microsoft ランゲージ ポータルで用語を検索したい場合、TRADOS のエディタ画面で調べたい用語を選択し、右クリックして [Weblookup] を選択するか、Alt+F8 を押すだけで、Microsoft ランゲージ ポータルで用語検索ができます。

これを実現するには、Weblookup! に少々手を加える必要があります。

Weblookup! には、すでに「Microsoft Terminology」が登録されていますが、デフォルトの状態では日本語の検索ができないので、「Microsoft Terminology」の URL を次のように変更する必要があります。

https://www.microsoft.com/language/ja-jp/Search.aspx?sString={phrase}&langID=ja-jp

具体的な変更手順は、前の記事 を参考にしてください。


0 件のコメント: