2008年3月3日月曜日

e-Tax のエラー

今年もやっと確定申告が済みました。
3 年前から e-Tax で確定申告していますが、今年は新しいマシンで申告。
IC カードリーダーのドライバ、公的個人認証ソフトのインストール、e-Tax ソフトのインストールを済ませ、これで OK と思ったら、エラー発生。
結論から言うと、ルート証明書のインストールが抜けていました。
以下は、その顛末。

仕事の合間を縫って、「やよいの青色申告」で帳簿を整理。
「やよいの青色申告」から e-Tax データを書き出して、e-Tax ソフトで取り込み。
電子署名して、さて送信・・・と思ったら、「受付システムから応答がありません」。

深夜だったので、受付時間外だったのかと思いましたが、
e-Tax の HP には、
「1月28日(月)~3月17日(月)は、24時間ご利用できます。」と
書いてあるし・・・。

翌日、再トライ。やっぱり「受付システムから応答がありません」。

セキュリティソフトがアクセス制限を掛けているのかと、ログを見てみましたが、
その気配なし。念のために除外リストに e-Tax ソフトと公的個人認証ソフトを
登録しましたが、症状変わらず。

ヘルプデスク(0570-015901)は全然つながらないので、最寄の税務署に電話。
症状を説明すると、「ルート証明書がインストールされていないと思いますので
確認してみてください。」

Internet Explorer の[ツール]-[インターネット オプション]-[コンテンツ]タブの[証明書]をクリック。[信頼されたルート証明機関]タブをクリック。「MOF Certification Authority
」と「MOF Root CA」がない。これは財務省のルート証明書。これがないと受付システムにログインできないとのこと。

税務署員さんのガイダンスに従って、e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー からルート証明書をインストール。これで、無事、受付システムにログインして、申告書を送信できるようになりました。

今日の教訓:e-Tax を使用するマシンを変えたときには、ルート証明書のインストールも忘れずに!

0 件のコメント: